↓月2,760円+税 で20GB使えます。3日間制限もいまのところなし↓

月額2,760円のWiFi【NEXTmoible】

格安SIM シェア

格安SIMサービスの回線シェアデータが出ていました。
(MM総研による推計値)

格安SIM シェア
国内MVNO市場規模の推移(2014年9月末) – 株式会社 MM総研

1位:NTTコミュニケーションズ 23.4%(54万回線)
2位:インターネットイニシアティブ 14.8%(34万回線)
3位:日本通信 6.9%(16万回線)
4位:ビッグローブ 6.7%(15.5万回線)
のようです。

NTTコミュニケーションズが展開しているのは「OCNモバイルONE」ですね。



インターネットイニシアティブはIIJmioやBIC SIM。
管理人もこれを(モバイルwifiルーターに挿して)利用してます。

日本通信はb-mobile simを展開。

ビッグローブはイオンスマホ(第2弾・第3弾)のSIMにも採用され、回線数が増加となったみたいです。


タグ

2015年1月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:モバイルwifi その他

格安SIMアワード2014

株式会社イードが格安SIMアワード2014を発表。

総合順位は以下のようになっています。

最優秀 ケイ・オプティコム「mineo」
2位 インターネットイニシアティブ「IIJmio」「ビックカメラ BIC SIM」
3位 ビッグローブ「BIGLOBE LTE ・3G」

http://www.iid.co.jp/news/detail/2014/0825.html

mineoが1位。

このサービスです→au 4G LTE回線が必要な分だけ使える!【格安スマホはmineo】

通信速度・オプションサービス・利用サポートで高評価を得ている様子。

au通信網、あとパケットシェアサービス(住所が同一のユーザー間で 繰り越した容量をシェアすることができる無料オプション)あたりがいいのでしょうかね。

当月使い切らなかったデータ通信容量は翌月末日まで有効。
これはIIJmioと一緒だな。

ただ、mineoの場合には最低利用期間が設定されており、利用開始翌月から12カ月内で解約したい場合には9,500円がかかります。


タグ

2014年8月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:au モバイルwifi

格安SIM 利用率・認知度

NTTコムリサーチによるアンケートによると、2013年11月末の段階で格安SIMの利用率は3.2%、認知度は27.5%だったみたいです。

格安SIM 利用率・認知度
http://research.nttcoms.com/database/data/001865/index.html

対象は10代~60代以上のスマートフォンまたはタブレットの保有者。
有効回答者数は1,538名。

スマホまたはタブレットを持っているということですから、一般以上にはネットを使いこなしている人と言っていいのではないでしょうか。

それでも利用率・認知度ともにそこまで割合は高くないという結果に。
(男性はそこそこ高いかな)

ただ、テレビCMや雑誌の特集、ネットメディアの記事などで頻繁に目にするようになってきていますし、今後増加していくことも充分に考えられますな。


タグ

2014年3月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:モバイルwifi その他

このページの先頭へ